群馬県日本中国友好協会
中国上海市「第2回上海市・群馬県青少年書道交流展」
        開 催 式

会長挨拶

 群馬県日本中国友好協会は2013(平成25)年、日中間が一触即発という険悪な状況下で船出しました。この時、尖閣問題を巡る緊張の中で中国の反日感情は最悪と感じられました。私たちには、国同志がこのような時こそ民間の友好交流が重要だという意識がありました。

 これは中国側も同じであったと思われます。事実、友好協会を成立させて、中国に飛び込んでいくと、中国側の民間団体も私たちを暖かく迎えてくれたのです。私たちは、長い日中の歴史が両国を支えていることを感じることができました。

 このような試練を経て、この間文化の交流として、日中青少年書道展を成功させることができました。これからは、文化の交流を基礎として経済の交流発展を進めることが重要だと思います。現在、世界の情勢は歴史的転換点にあります。その中でアメリカと中国が大きく変化し、その間に立つ日本の役割は、世界の安定とアジアの発展のため、増々重要となっています。

 長い日中の歴史をしっかりと踏まえながら、このような新しい情勢に対応した日中関係を築いていくことが求められています。

 群馬県日本中国友好協会は、群馬県の発展と群馬県民の幸せのために、しっかりとした日中関係を築いてゆく決意です。このために中国に関する正しい情報が何よりも必要です。私たちは、そのための情報の窓口としての役割を果たして参りたいと思っております。

                                  群馬県日本中国友好協会
                                  会長   中村 紀雄

群馬県日本中国友好協会と一緒に活動しませんか?

 群馬県日本中国友好協会は「日本・中国両国民の相互理解と友好交流を深め、両国の平和と繁栄に貢献する」ことを目的として2013年3月27日に創立されました。日本と中国は隣国として長い交流の歴史を有しています。群馬県においても、文化、教育、スポーツなどのさまざまな分野で交流活動が行われ、両国民の友好の絆を深めてきました。今後、さらに経済交流などをとおして両国がより近い存在となることが見込まれます。

 本会は、これまで各界・各層の先人達が築いてきた日本と中国の友好の絆を受け継ぎ、農業、商工業、観光業などの経済分野での交流を促進するとともに、文化、教育、スポーツなどの幅広い分野における交流を進め、日本と中国の平和と繁栄に寄与しています。

記念植樹

日本中国国交正常化45周年を記念して、中国大使館で植樹しました。
本会最高顧問福田康夫元内閣総理大臣・令夫人、程永華在日本国特命全権大使・令夫人

活動の紹介

2018(平成30)年総会 
例年6月に総会を開催する際、中華人民共和国駐日本国大使館から「日中関係について」記念講演を実施する。 今年の講演者は中華人民共和国駐日本国臨時代理大使郭 燕 様、テーマは「中日関係の新局面を切り開こう」。
書道教室 
2018(平成30)年5月~7月 書道講座(楷書入門)を実施しました。日中の文化交流をさらなる深めると願います。

中国語教室 
2018(平成30)年6月~8月中国語講座(入門)を実施する。

中国語教室 
2018(平成30)年6月~8月中国語講座(入門)を実施する。

訪日学生団の受入

日本に興味を持つ中国上海市から青少年遊学団を受入、群馬県の歴史・文化・学校交流などをしてきました。   平成28年7月

中華人民共和国駐日本国大使館訪問ツアー

中国に対する理解・交流促進及び会員相互の連携と親睦を図るため、中国大使館訪問ツアーを実施しました。   平成28年11月16日

第2回上海市・群馬県青少年書道交流展

上海市人民対外友好協会と群馬県日本中国友好協会で締結した「友好の覚書」に基づき、日中青少年の書道交流と友誼がさらなる深くなるため、平成27年10月、群馬県庁において、第一回青少年書道展は成功裏に終えることができ、引き続き平成29年3月に上海市で「第二回上海市·群馬県青少年書道交流展」を開催しました。  平成29年3月

中国語教室

中国を知ってもらうため、日中文化の違いを味わいながら、一緒に楽しく中国語を学びましょう。

書道教室

書は心の文化で、日中両国に長い書の歴史があります。中国は書の源流でもあり、中国の書道を通して交流し合うことによって、日中の交流をさらなる深めると願います。

新春交流パーティ

中国春節の際、日中文化交流を深めるため、恒例となりました新春交流パーティを開催します。(毎年の2月頃開催)

平成29年 記念植樹 

日中国交正常化45周年記念にあたることからその記念として群馬の五葉松植樹と宥坐之器の贈呈を行うことになった。

平成29年4月18日 中華人民共和国駐日本国大使館で実施

平成29年 中国上海市閔行区政治協商会議主席等の来県に伴う交流会


群馬県に来る目的は閔行区の「馬橋古文化遺跡陳列館」設立に向けて、日本の遺跡保護や活用、設立の経験やノウハウを学ぶためです。

本年3月に開催した「第2回上海市群馬県青少年書道交流展」では、書道を介して日中青少年の交流と友誼を深めることができた。この交流展の会場「上海昌碩文化センター」は閔行区に所在し、開会式には閔行区副区長が臨席された。

このような縁に鑑み、交流会を催すことにした。



平成29年 総会

例年6月に総会を開催する際、中華人民共和国駐日本国大使館から「日中関係について」記念講演を実施する。 今年の講演者は中華人民共和国駐日本国大使館大使夫人・友好交流部参事官の汪 婉 様、テーマは「一帯一路」と中日協力のポテンシャル」。現在、世界中に非常に注目される話題で、「一帯一路」が提唱したアジアとヨーロッパを結ぶ二つの経済構想、アジア経済の「西方シフト」である。「一帯一路」構想を目指す目標など経済関係を述べた。

平成30年1月 新春交流パーティー 

日本と中国のさらなる友好交流を深めるため、例年1月か2月中国の旧正月に合わせて、2018年1月22日に新春交流パーティーを開催した。

平成30年2月 日中書道展 

『上野三碑 ユネスコ「世界の記憶」登録・日中平和友好条約締結40周年記念 日中書道展』

上野三碑のユネスコ「世界の記憶」登録を記念した書道展を日本と中国において開催し、日中の書の交流の歴史や、東アジアの文化交流を世界へ発信する。

また、開催年となる平成30年は「日中平和友好条約締結40周年」の年であるため、その記念事業として2月高崎市で群馬県文化振興課と共催で実施した。

平成30年3月 「一帯一路」講演  

6月22日の総会での中華人民共和国駐日本国大使夫人・友好交流部参事官 汪 婉様の「『一帯一路』と中日協力のポテンシャル」と題した講演は好評を博した。より多くの方々にこの構想への理解を深めていただこうと、群馬県議会自民党日中議員連盟との共催により『「一帯一路」構想の展開と中日協力のポテンシャル』をテーマに汪 婉様に再び講演をお願いした。同時に中国大使館経済商務処の潘 凌様から「経済交流」についてお話しいただいた。会場の群馬県政会館大会議室は120人を超える聴講者であふれた。

平成29年 総会

例年6月に総会を開催する際、中華人民共和国駐日本国大使館から「日中関係について」記念講演を実施する。 今年の講演者は中華人民共和国駐日本国大使館大使夫人・友好交流部参事官の汪 婉 様、テーマは「一帯一路」と中日協力のポテンシャル」。現在、世界中に非常に注目される話題で、「一帯一路」が提唱したアジアとヨーロッパを結ぶ二つの経済構想、アジア経済の「西方シフト」である。「一帯一路」構想を目指す目標など経済関係を述べた。

会 報

役員名簿と事業報告

入会のご案内

入会申込書(ご記入の上、FAXでお送りください。)
または以下のフォームからお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信